卒業後の進路 資格取得

資格は、即戦力としての評価を高めてくれる

ビジネス実務能力、パソコン技能、語学力、本校で習得した能力を資格というかたちで示すことは、就職のときに大きな力になります。本校では各コースのカリキュラムに、また選択講座としても資格試験対策が組まれています。学習目標のひとつとして、資格取得を目指しましょう。

ビジネス資格

秘書検定

文部科学省が後援しているビジネス系検定。オフィスでの基本的な秘書業務の理解と技能が理論と実技の観点から評価されます。本校では、授業内でしっかりと知識と技能を身につけ、2級合格を目指します。

サービス接遇検定

文部科学省が推奨しているビジネス検定のうちの1つ。語学力だけではなく、仕事をする上で接客対人スキルもとても重要になります。一般的なサービスを行うのに必要な知識と技能をもっているかを測ります。

マナー・プロトコール検定

日本人として社会人として必須の振る舞いや文化、国際儀礼に関わる知識と技能を認定する資格。多くの接客業の方が取得。本校では1年次から必修科目としてマナーについて学習し、まずは3級合格を目指します。

MOS検定(Microsoft Office Specialist)

圧倒的多数の社会人が使用しているExce・lWord・PowerPointなどのMicrosoft Officeのソフトウェアを効果的に使いこなせる実務力を証明する世界共通の資格。就職活動時にアピールできる資格の1つです。

先輩たちの声

取得資格

  • TOEIC 545 →835
  • 英検2級
  • 秘書検定2級
  • ビジネス実務マナー2級
  • サービス接遇検定2級
  • ビジネス文書検定2級

資格をひとつ取ると次々挑戦したくなる

入学当初から「履歴書の空欄を埋める!」という意気込みで、できる限りチャレンジしました。ビジネスマナーやサービス接遇は、重複する事項も多いので、ひとつクリアすると、勉強するのが楽になります。

長田 美紅さん

英語ビジネス学科2年

私立駿台甲府高等学校出身

取得資格

  • TOEIC 340→640
  • 英検2級
  • サービス接遇検定2級

先生に叱咤激励されながら前向きな気持ちで臨めました

英検取得に必要な単語は声に出しながら書いて覚えました。クラスメイトも資格取得に対し意欲的で、先生もことあるごとに叱咤激励してくれるので、モチベーションが下がることなく勉強できました。

福島 俊樹さん

英語ビジネス学科2年

埼玉県立深谷高等学校出身

取得資格

  • 英検2級
  • Webクリエーター能力試験エキスパート
  • サービス接遇検定2級

上級を目指すほど学校で習う基礎が重要

いきなり難しい資格を目指すのではなく、まずは攻略できそうな資格から攻めることをおすすめします。学校で習うことをおろそかにせず、基礎をしっかり固めれば、自然と実力がついてくるはずです。

大河原 恵さん

英語ビジネス学科2年

埼玉県立庄和高等学校出身

取得資格

  • サービス接遇検定2級
  • ビジネス能力検定ジョブパス2級
  • 秘書検定2級
  • マナー・プロトコール3級

頻出問題は授業中に覚えるのが効率的

サービスやマナーの資格は実生活でも役に立つ部分が多いので、知って損はありません。先生が言う“押えるべきポイント”は必ず出題されるので、しっかり授業に集中するのが合格への近道です。

池田 星海さん

英語ビジネス学科1年

埼玉県立鴻巣女子高等学校出身

英語資格

TOEIC-IP

世界120カ国で実施され、英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。最高点数は990点。問題は、さまざまな仕事のシーンで使われる英語が中心に出題されます。学内では、L&R(Listening & Reading)を採用し、スコアアップを目指して必修科目で対策を徹底しています。

英検(実用英語技能検定)

日本で最も歴史のある英語検定のひとつです。1次試験の筆記と2次試験の英語面接があり、4技能を評価。アカデミックな語彙力、文法力、会話表現、読解、聞き取りや英作文など英語力全体が評価されます。自身の学習ステージに合った受験級を選択することができます。

IELTS

イギリス、オーストラリア、カナダ等の大学(院)へ留学する際に必要となる英語試験です。英語環境で生活を送り、授業を理解する語学力がどの程度あるかを測定します。4技能(Listening, Reading,Writing, Speaking)を総合的に評価し、スコアは、1.0から9.0のバンドスコアで表されます。

TOEFL

アメリカ等に留学する際の、英語力の証明として使う試験です。各技能を別々に測るだけではなく、読んで書くなど、複数の技能が1つの問題に統合されているケースが多くあります。実施は紙ではなく、パソコン上で行われるため、スピーキング試験も対話形式ではないのが特徴です。

先輩たちの声

取得資格

  • TOEIC 325→635
  • 英検2級
  • マナー・プロトコール3級

先生とのコミュニケーションを積極的に行いました

「ひと言でいいので、毎日、先生と英語で会話をする」「授業に出てきた単語を最低ひとつは覚える」―これが自分に与えたミッションでした。成績が上がらずモヤモヤすることもありましたが、続けていれば必ず結果がついてくることを、この学校で教えてもらいました。

秋本 莉瑠さん

英語学科2年

神奈川県立橋本高等学校出身

取得資格

  • TOEIC 850
  • マナー・プロトコール3級

一方通行ではなく対話型の授業は楽しく刺激的

先生が一方的に話すのではなく、生徒が主体となる授業だったので、とても楽しかったです。TOEICは問題を解くスピードも重要なので、単語をいちいち日本語に変換するのではなく、英文を英文として捉えることを心掛けました。次は900点目指して頑張ります!!

伊藤 楽了さん

英語学科1年

福島県立福島西高等学校出身

韓国語資格

TOPIK (韓国語能力試験)

大韓民国政府が認定・実施する唯一のハングル試験です。学習成果を測ると共に、韓国留学や就職への活用を目的とし、世界70カ国以上で一斉に実施されています。

先輩たちの声

取得資格

  • 韓国語能力試験5級
  • 秘書検定2級
  • サービス接遇検定2級

授業に集中することが一番効率的な勉強法です

入学前、韓国語の知識はゼロでした。そんな私が、2年で韓国語能力検定5級まで取れたのは、駿台のお陰です。放課後はアルバイトもあるので、とにかく授業を大切にすることを心掛けました。その日の課題はその日に解決!これが上達への一番の近道だと思います。

北添 碧唯さん

韓国語学科2年

千葉県立千城台高等学校出身

取得資格

  • 韓国語能力試験5級
  • HSK5級

“継続は力なり”を実感した2年間でした

専攻は韓国語学科ですが、週イチで中国語の授業も選択し、2つの語学を並行して勉強しました。新しいことを覚えるのは労力がいります。最初は難しくて投げ出したくなりますが、3~4カ月続けると、ふっと楽になるので、まずは諦めずに続けることが重要だと思います。

近藤 瑞穂さん

韓国語学科2年

私立八王子高等学校出身

取得資格

  • 韓国語能力試験4級
  • マナー・プロトコール3級
  • サービス接遇検定2級
  • 秘書検定2級

履歴書の資格欄が埋まっていくのが嬉しい

韓国語以外にも、選択科目を追加すれば、さまざまな資格を取れる点がこの学校の魅力です。履歴書の資格欄が真っさらな状態から、1行、2行…と徐々に空欄が埋まっていくことに喜びを感じています。卒業までに、韓国語能力試験6級をとることが目標です。

大津 くるみさん

韓国語学科1年

神奈川県立上溝高等学校出身

取得資格

  • 韓国語能力試験5級
  • マナー・プロトコール3級
  • サービス接遇検定2級
  • 秘書検定2級

韓国への短期語学留学で実力がジャンプアップ!

語学力アップや資格取得に対し、学校のサポート体制は万全です。なかでも、夏の短期語学留学は、私にとって一生の宝となりました。たった数週間でも、韓国語しか話せない環境に身を置くことは重要。資格取得に重要なリスニング力が一気に上がりました。

小田桐 朱音さん

韓国語学科1年

埼玉県立久喜北陽高等学校出身

中国語資格

中検(中国語検定)

「日本中国語検定協会」が実施する試験であり、中国語学習者に対し、学習成果を正しく測る客観的評価として使われています。聴解試験や読解試験に加えて、いずれの級も、日本語⇔中国語翻訳能力も評価されます。

HSK

中国政府公認の中国語の資格であるため、世界中で公的証明として活用が可能です。中国への学部留学や中国企業就職に向いており、国内でも、グローバル企業を中心に広く認知されはじめています。中検とは異なり、翻訳能力は問われず中国語運用能力のみが問われ、語学力に合わせた級で受験が可能です。

先輩たちの声

取得資格

  • 中国語検定3級
  • HSK4級
  • サービス接遇検定2級

中国語を使う場面は増えているので、勉強すれば必ず役に立つ

仕事で中国語を使う母親の姿を見て、「カッコイイな」と思い、自分も勉強することを決意しました。ゼロからのスタートだったので最初は分からないことだらけでしたが、学校に真面目に通い、2年間で日常会話には困らないレベルまで成長できました。HSKや中国語検定を取る際は、過去問を家で解き、学校で疑問点を先生に聞く、という勉強を繰り返し行いました。先生はネイティブですが、日本語も上手なので、とても分かりやすく解説してもらえます。勉強は集中力が重要だとは思いますが、単語などはダラダラやっても覚えが悪いので、ONとOFFをうまく切り分けるといいと思います。私はアルバイトがいい気分転換になりました。飲食店なのですが、年々、中国人のお客さんが増えていて、今後ますます中国語の需要が高まることを実感しました。習得しておいて絶対損はない語学だと思います。私は、さらに勉強を続け、将来医療通訳として働くのが夢です。秋から中国の大学に留学する予定なので、今から楽しみです。

平沼 花奈さん

中国語学科2年〉

茨城県立鉾田第二高等学校出身

取得資格

  • 中国語検定2級
  • HSK6級

先生との距離が近いので、分からないことがすぐ解決できる

英語以外に役立つ語学は何か?と考えた結果、ボクが出した答えは中国語でした。ゆくゆくは、通訳や翻訳ができるレベルを目指しているので、入学当初から資格取得の勉強を始めました。駿台は目的をもって勉強している人が多いので、とても学びやすい環境でした。先生との距離も近く、休み時間や放課後であっても、質問すれば快く対応してくれる点も、よかったです。家でも中国の映画を観たり、音楽を聞いたりしてリラックスしつつも、意識的に中国語に触れるようにしていました。HSKと中国語検定は出題傾向が少し違うので、自分がやりやすいほうから取得し、自信がついたら、もう一方にチャレンジするのがおすすめです。ボクは最初にHSK5級をとったことが自信となり、次々挑戦する意欲が湧いてきました。語学は、やればやるだけ身につくので、面白いと思います。ボク以外にもハマっている人は多かったですね。次の目標は中国語検定1級の取得!さらに、中国への留学も検討中しています。

松島 雄志さん

中国語学科2年

東京都立六本木高等学校出身

ホーム卒業後の進路